カーオーディオの特徴とスピーカーの種類と選び方について

年カーオーディオは、こだわりを持ってつけている人も多く、音響環境は、ドライバーにとっても気にする人は多いです。カーオーディオの選び方は千差万別で、初心者には難しく、奥が深いので、目的の音にするためには、多くの条件を知っておく必要があります。お気に入りの音楽を車の中でもいい音で楽しみたいと思っている人も多いですが、どれを選んでよいのか多くの人は分からないと思います。
カーオーディオのスピーカーについて】
純正スピーカーの音質に満足しない人の場合に初めにとりかかるのがスピーカー交換です。ドア内のミッドウーファーとミラー裏やダッシュボードに埋め込まれたツイーターを交換する事が一般的です。ドア内のミッドウーファーは、日本車ならば16cmや17cmサイズが多く、輸入車ならば13cmや楕円形などもあるので、形状やサイズはさまざまなので、自身の車のサイズを理解しておく必要もあります。スピーカーはメーカーによって大きく異なり、日本のスピーカーメーカーは高音域の再生に優れている事やアメリカのスピーカーメーカーは低音域の再生に優れているなどの主張や個性がさまざまです。同じメーカーでもグレードによって性格が異なるので、好みと条件に合うスピーカーは簡単に見つけるのは難しいと言えます。
【適したスピーカーの選び方について】
魅力を感じたスピーカーを購入したとしても、取付けの際に適合不可などの後悔しないカーオーディオ選びの為に、最初は、純正スピーカーのサイズに近い製品を選ぶことをオススメします。ミッドウーファーが純正サイズに近いと、少ない加工で設置する事が出来て、ショップ依頼の際に施工費用を抑えることができます。純正の外観を損なわない方法のインナー施工が可能で、純正サイズよりも大型のミッドウーファーを設置する場合にバッフルボードの作製や内張りを切除してスピーカーを外部に露出させるアウター施工が必要になるので、スピーカーの露出度が高まる事から、音質面では有利になります。注意点としては、純正の外観を損ねることや施工費用の上昇などのデメリットとして挙げられます。
【スピーカーの分類について】
カーオーディオのスピーカーと一言といっても、種類があります。ドア設置用スピーカーは、ツイーターと呼ばれる高音再生用スピーカーとミッドウーファーという低音再生用スピーカーを組み合わせた2ウェイスピーカーが主流ですが、2ウェイスピーカーにはツイーターとミッドウーファーが分割したセパレートタイプと、ツイーターがミッドウーファーの中央に固定されたコアキシャルタイプの2種類が存在します。セパレートタイプはツイーターをダッシュボード上に設置するので、音の場を上げて臨場感を出せるので、音質面で有利と言えます。コアキシャルタイプはツイーターがドア内に設置されるので、同軸で音のまとまりはないですが、臨場感ではセパレートタイプが一番です。一般的にセパレートタイプは音質重視で、コアキシャルタイプはコスト重視でラインナップしているメーカーが多く、好みで選ぶ事が良いです。業者に問い合わせするなどして、自身のカーオーディオのスピーカーの好みを相談すると良いです。
【カーオーディオのスピーカー選びで大切な事】
車は生活に欠かせないものですが、より良い社内環境を作るためにカーオーディオも多くの人がこだわりを持って購入しています。スピーカー選びだけでも大変で、好みや予算なども考える事になりますが、高額なスピーカーセットでも、設置手法や環境によって高音質が得られない場合があるので、慎重に購入を考えるべきと言えます。それぞれの車に合った設置条件を確認した上で選ぶことが大切と言えます。

PR|GetMoney車用品の通販高い金利が魅力のオンライン銀行とはバイクコーティングのことならJALカード|貯蓄|相互リンク集|超SEO対策|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|コーティングの求人なら|看護師 転職|副業ランキング工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科健康マニアによる無病ライフプロテクションフィルムの事なら女性向けエステ.comライブチャット|カーオーディオの求人|トヨタ カーオーディオメルセデスベンツ カーオーディオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です